ライオンのラクトフェリン 飲み方

MENU

私のライオンのラクトフェリンの効果的な飲み方はこちら!

 

ライオンのラクトフェリン,飲み方

 

ライオンのラクトフェリンは薬ではないので、決められた飲み方はありません。その人が飲みやすいときに、飲むことができます。3ヶ月続けてみて、お腹周りがかなりすっきりしてきた、私の飲み方をお伝えします。

 

 

継続しやすい時間がおすすめ

 

サプリメントには基本、飲み方に決まりはありません。薬ではないので、その人のライフスタイルに合わせて、自由に飲めるのがいいところですよね。

 

ただ、どのサプリメントにもいえることですが、サプリメントの成分はじっくりと体に浸透していきます。そのため、理想の体型に近づいていくのに一定の期間が必要です。

 

そのためには、継続して取りつづけることが大切。飲み忘れずに、毎日続けられる時間帯を選びましょう。

 

本来のラクトフェリンは胃酸に弱いという性質があるために、胃酸の分泌が少ない、空腹時に取ると腸まで届きやすくなると言われています。ただ、ライオンのラクトフェリンには独自の技術が生かされ、胃酸に分解されることなく腸まで届きます。

 

そのために、いつ飲んでも同じように、腸まで成分がしっかりといきわたるので、飲むタイミングを特に気にする必要はありません。

 

私のライオンのラクトフェリンの飲み方

 

私は、夜眠る前にライオンのラクトフェリンを2粒、噛まずに飲んでいます。夜眠っている間に、さまざまな成分が腸で吸収された後、しっかりと体中に行きわたるように感じています。

 

その上、朝目覚めた時に、トイレに行くとすっきりするようになりました。これは、ラクトフェリンが善玉菌のエサになり、腸内環境を整えている証!

 

また、ぐっすりと眠れるようになり、すっきりと目覚めるようになりました。風邪を引きにくくなり、免疫力が高まったのを実感しています。実際に、ラクトフェリンは、免疫細胞を活性化する働きがあるようです。

 

私がすやすやと眠っている間に、ライオンのラクトフェリンが体の中で活躍しているおかげで、体も軽くなり健康になっています。残りの3粒目は、朝起きた時に飲んでいます。一度に3粒飲むよりも、分けて飲むほうがより長い時間ラクトフェリンが体の中で働いてくれます。

 

どうやら大人になっていくと、腸内に住んでいる善玉菌の数はどんどん減ってくるようです。健康な体を維持するために腸内環境を整えることは不可ということでしょう。

 

3ヶ月で、軽やかな体になった私は今も眠る前に2粒、そして朝起きたら1粒、ライオンのラクトフェリンを取る飲み方をしています。