ライオンのラクトフェリン 成分

MENU

ライオンのラクトフェリンの成分【安全性や副作用は大丈夫?】

 

ライオンのラクトフェリン,成分

 

ライオンのラクトフェリンには、ラクトフェリンのほかに11種類の成分が配合されています。主な成分の働きと安全性を確認してみましょう。

 

 

3つの主成分

 

ラクトフェリンよりも多く配合されている成分が、3つあります。マルチトール、デキストリン、ヒハツエキスです。

 

マルチトールの役割は、甘みを加えることと、体温で解けやすいサプリを熱から守ることです。ジャムにもよく使われている成分なので、特に副作用の心配もありません。

 

デキストリンは食物繊維。排便をスムーズにして脂肪が体に吸収しにくくする効果が期待できます。

 

ヒハツと言う植物から抽出したものがヒハツエキス。血行を良くする働きがあるので、自然と代謝が上がっていきます。

 

 

期待できる働き

 

ラクトフェリンには、さまざまな作用が期待できます。哺乳類の母乳に含まれる貴重な成分です。内臓脂肪の減少、免疫力アップ、腸内環境を整え便秘改善をサポートします。

 

すでに溜まってしまった脂肪を分解して、これからつくられる脂肪の合成を抑える働きも期待できます。

 

こんな優れたラクトフェリンの作用を支えているのがライオンの技術です。胃酸に弱い弱点を持つラクトフェリンを独自の技術でしっかりとコーティング。胃酸にも消化酵素にも分解されずに、腸までしっかりと届きます。

 

 

副作用の有無

 

公式サイトにも、ライオンのラクトフェリンの副作用のことが書かれています。関連成分での副作用の報告はないようです。それでも、体調や体質などによっては、体に合わないこともあるようです。

 

また、乳製品、コショウ科植物に食物アレルギーがある人は、摂取しないでくださいと明記されています。

 

ライオンのラクトフェリンは副作用の心配はありませんが、アレルギー体質の人は使用されている成分を事前に見て、よく検討してください。その人に合った無理のない安心できる方法で健康づくりを始めましょう。